現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

検索条件

商品名を入力

カレンダー

2017年11月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

※赤字は休業日です

商品コード:
rich-powder

サンゴカルシウム(コーラルバイオ・PW)20kg

販売価格(税込):
26,000
メーカー:
コーラルバイオテック
関連カテゴリ:
食品添加物 > 栄養強化剤

メーカー名

コーラルバイオテック

製品名称

コーラルバイオ・PW

1.造礁サンゴが集めた海のミネラル

風化造礁サンゴ粒は、造礁サンゴの骨格が、長い年月の間に風化し、波の作用で侵蝕され、塊または粒状になって海底に沈積したものです。そのほか有孔虫の外殻や貝殻などの破片が混じり、海底に堆積していきます。この風化して堆積したものが風化造礁サンゴ粒であり、これを食用に加工したものは一般にサンゴカルシウムと呼ばれています。サンゴカルシウムには、造礁サンゴや貝、有孔虫などが形成した炭酸カルシウムや炭酸マグネシウム、その他微量ミネラルが含まれ、多様なミネラル組成を誇っています。

2.古くから伝わる安全な食材

先人達はサンゴカルシウムの機能性に早くから気づいていました。中国の明代の「本草綱目」(1578年)には、石芝という名称でサンゴの化石が記載されており、飲用や民間薬としての使用に関する記述があり、また、スペインでは、1792年に薬として用いられていたという記録が有ります。沖縄では黒糖の製造工程に利用されたり、雨水のろ過に使われたりなど、生活に密着した存在でした。また、風化造礁サンゴ粒の採取海域は、陸から1km以上離れた汚染のない区域と指定されており、人的汚染の心配のない原料です。それを加工したサンゴカルシウムは、食品添加物(既存添加物 未焼成カルシウム)にも指定されており、安全性の認められたものですので安心してお使いいただけます。

3.採取の合法性

風化造礁サンゴは、豊かな自然が育んだ海の恵みです。生きたサンゴはもちろん、造礁サンゴの遺骸を採取することはワシントン条約により禁止されています。ところが、沖縄県は世界で唯一、風化造礁サンゴの採取が認められています。風化造礁サンゴの採取は、「砂利採取法」に基づき、建設省所管国有財産取扱規則、沖縄県海砂利採取要綱、沖縄県漁業調整規則に則り許可されています。沖縄県が認めた海域から、定められた量のみ採取し、資源の乱掘が起こらないよう厳しい管理体制がとられています。また、自然風化したものだけを採取しており、生きたサンゴの採取や破壊等は行っておりません。

1.食

日本人に慢性的に不足しているといわれる栄養素、カルシウム。
日本人の食事摂取基準(2005年度版)によると、成人男性では一日に600〜650mg、成人女性では600mgの目標量のカルシウムを摂ることが望ましいとされています。 ところが、平成18年の国民健康・栄養調査結果において、成人のカルシウム摂取量は526mgにとどまっています。これでは、毎日70mg以上も不足したまま生活していることになるのです。また、カルシウムだけでなく、マグネシウム、鉄、カリウムなどの微量ミネラルは私達に必要であり、かつ自分では作り出せない必須栄養分です。これらの重要なミネラルは、通常の食事ではどうしても不足しがちになってしまいます。サンゴカルシウムは、カルシウムを主体に、20種類以上のミネラルで構成されています。さらにその構成比は、多く必要とされるカルシウムやマグネシウム、カリウムなどは多めに、微量で効果を発揮するミネラルはごくわずかに含まれ、バランスよく含有されていることが分かっています。

2.水

生きとし生けるものはみな海から生まれました。海水の成分は母体の羊水や血液、体液などとほぼ同じ比率であるとされています。人間の身体の約70%は水であり、私達は体の中に小さな海を持ち、その海によって生命機能を営んでいるともいえましょう。私達は毎日2〜3リットル以上の水分が必要です。毎日飲んでいる水の質が体の中の小さな海に影響し、私達の生命機能に深く関わっているのです。沖縄の南西諸島は隆起サンゴで出来た島々であり、そのサンゴ層を通過した水には、カルシウムなどの多くのミネラルが溶け込みます。このミネラル分が豊富な水を摂取していることが、人々の長寿の秘訣といわれています。風化造礁サンゴ粒は、まさにそのパワーを秘めており、水を体にやさしい弱アルカリ性に変え、多様なミネラルを溶け込ませます。さらにサンゴ粒は多孔質のため、その細かな穴に残留塩素や不純物などを吸着し、水質改善の機能も果たします。さまざまな機能性を持つサンゴ粒は、活性炭などのろ過材と組み合わせて浄水器のカートリッジ充填剤として、またティーバッグ形状の浄水剤として利用されています。 最近では、池や湖など、環境中の水質を改善し、きれいな水へと浄化するシステムが開発され、サンゴの持つパワーがまた一つ明らかになりました。サンゴの作り出すまろやかな美味しい水で、私達の体の中の小さな海を満たしましょう。

3.土

人々の関心は地球に、環境に向けられています。人間をはじめとする生命の営みが、この地球それ自体の健康度と無縁ではない、という実感は、ゆるぎないものとなっています。サンゴ粒は、日本の土壌に多い酸性土を中和して、弱アルカリ性・中性に改良します。また、その酸性中和力により、根コブ病などの病原菌の発生を抑制します。また、芝や農作物の栄養源となる微量元素(カルシウム、マグネシウム、マンガン、鉄、モリブデンなど)も含んでいます。そのうえ、サンゴ粒は多孔質のため土を柔らかくし、通気性、透水性が高い一方で保水性、保肥性にも優れています。サンゴは、まさに天然の総合ミネラル肥料であり、土壌改良剤なのです。土壌それ自体はミネラルを生成しませんので、畑地は劣化し、作物はミネラル含有の少ない貧しい風味の養分のないものになるのは必然です。

サンゴカルシウムが拓く新分野

サンゴカルシウム(風化造礁サンゴ)は様々な加工が可能であり、さらなる機能性を持つ新素材への活路が切り開かれています。

1.セラミック

サンゴカルシウムを特殊粘土と混ぜ合わせ、セラミック化することにより、サンゴカルシウムのミネラルが溶出しやすくなり、水をアルカリ性にし酸化還元電位の低い還元水にします。また、ボール状に成型したサンゴセラミックボールは、通過水となじみやすいため、浄水器の充填剤などに利用されています。
数量:

商品パッケージ(全体)

メーカー名

コーラルバイオテック

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。